引越しをしてみた

この前6年間住んでいた部屋から引越しをしたのですがさすがに6年間も
同じところに住んでいたらあらゆるところに欠陥が出てきています。
欠陥というか必ず自分に心当たりのあることなのですが。それで退去する時に
不動産屋の人と一緒に部屋をチェックする明け渡しの作業があります。
この明け渡しの時に部屋の状態を見て敷金の返金額とかが決まるわけです。
さすがに6年間も住んでいれば多少の損害もほとんど全てが自然現象みたいな
形で済まされます。まあ考えてみれば当たり前で敷金はもちろん2年ごとの
更新料みたいなのも2回払っているわけですからね。それで壊れているだの
なんだの言われる筋合いはありませんという話です。ただ明らかに自分が
原因で壊した箇所もあってちょっとびくびくしていました。まあ結果的には
その故障に気づかれることなく終了したのでしてやったりな部分はあるのですが
それでも敷金が全て戻ってくることはなかったのでやっぱり損をしているのでしょう。

このブログ記事について

このページは、authorが2013年7月 9日 13:11に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「季節外れ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。