寝酒で寝つきが良くなるのか?

寝酒という言葉がある通り寝る前にお酒を飲むと寝つきが良くなると言われています。
これは実際に本当のことなのですが調べてみるとどうやら寝付きは良くなるのですが
睡眠の質は低下してしまうようです。私もよく寝すぎた次の日なんかに今日は
なかなか眠れないだろうなと思う日はお酒を飲んでから寝ることがあるのですが
そういう日は途中で目が覚めることが多いような気がしています。まあ途中で
目覚めてもまた眠ればいい話なのでそんなに気にしているわけではありませんが
睡眠の質が低下するというのは納得できるような気もします。ただ個人的には
睡眠の質が低下することよりも寝ようと思っている時になかなか眠れないほうが
ストレスが溜まるような気がします。一番は自然と眠ることだとは思いますが
眠れないよりかは睡眠の質が下がっても眠れたほうがいいという感じですね。

人それぞれ気持ちよく眠るためにはいろいろな方法を持っていると思いますが
一番はそういったことを気にしなくても眠れるような状態でいることのように思います。
なんとなくこれまでの感覚的に眠れない日がわかっていると逆に考えすぎて
余計眠れなくなるという悪循環にもなりますからね。

このブログ記事について

このページは、authorが2013年8月25日 16:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ユーネクストに会員登録」です。

次のブログ記事は「白髪の対処法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。