温度差発電とは?

温度差発電とは、高温の水でアンモニア等のを気化しやすい液体を気化させてタービンを回し発電し、使用後のガスを水で冷やして液体に戻すという発電方式です。その中でも海表面と深海底の水の温度差を利用する方法を海洋温度差発電(OTEC)という。海洋温度差発電とは、太陽光によって温めれれている海洋の表面と、太陽光が届かず温度がほぼ一定の深海底の温度差を利用して発電するものです。

例えば赤道直下での海洋の表面は30℃近くですが、水深数百メートルの深海底では5~10℃であり、温度差は20~25℃となります。海洋の温度差を利用 したもの以外にも、雪解けの冷たい水と温泉の熱との温度差を利用したり、工場の廃熱を利用するなど、アイディア次第で色んなエネルギーを電気に変えること が可能です。条件さえ揃えば、風力発電や太陽光発電の様に気象条件に影響されることなく24時間安定した発電が可能です。デメリットとしては、エネルギー 原を電気に変換する為の設備には莫大なコストがかかることや、熱エネルギーを利用することによる、その場所でも生態系への影響が懸念されることです。

このブログ記事について

このページは、authorが2013年9月14日 13:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「舌磨きをしてみようかと」です。

次のブログ記事は「スカルプDでも買おうかと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。