テレビを見ない人が増えている

インターネットのニュースを見ていたらテレビを見ない若者が増えているという記事がありました。
果たして自分が若者なのかどうかはわからないのですがテレビを見ない人は増えているんですね。
自分の場合はどちらかというとテレビを見たいと思っているのですが一度テレビを付けてしまうと
そのままダラダラと見続けてしまうので意識的にテレビを付けないようにしています。
結構昔に比べるとテレビ番組の内容が面白くなくなったという意見も多いようですね。
あんまり個人的にはそういう実感はないんですけどね。
やっぱり少なからずネットで動画を見ることができたりすることが影響しているんじゃないかと。
それが正しいのかいけないのかというのは別の話として検索をすれば大体の見たい動画を
見ることができてしまいますからね。
それであれば自分の好きな時に見ようと思う人が多くなるんじゃないかと。
後は録画とかもそうなんですけど視聴率に反映されるような見方がされなくなっただけで
コンテンツ自体の質が下がったからテレビを見ない人が増えたわけではないような気もします。
それでも人気のドラマとかは視聴率が相変わらずいいということを考えるとすぐに見たいとか
いうぐらい熱狂的になれる番組は少なくてどちらかというと暇があったら見ようとか、
その程度のテレビ番組が視聴率に反映されるような形で見られなくなったのかもしれませんね。

このブログ記事について

このページは、authorが2014年1月26日 14:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「車を早く現金化する」です。

次のブログ記事は「メラトニンの役割について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。