2018年6月アーカイブ

トリキュラー21と28の違いは?

低用量ピルとして人気が高いトリキュラーには21と28があります。
この数字が何を示すか?と言えば、1箱に含まれている錠剤の数になります。
トリキュラーは生理周期に合わせて摂取する医薬品ですが、休薬期間もあります。
その休薬期間にトリキュラーを摂取しないと、次に摂取を始める時に飲み忘れてしまう
可能性があるために、飲み忘れを防ぐために7錠余計に入っているわけですね。
ちなみにこの余計な7粒はプラシボ錠と呼ばれます。
プラシボ錠の意味はプラシーボ効果で説明すればわかりやすいかと思います。
プラシボ効果というのは、よく挙げられる例で言えば、風邪薬でない錠剤を
風邪薬だと渡されて摂取すると効果があるように錯覚してしまう効果のことです。
なので特にトリキュラー21であろうと28であろうと効果に違いはありません。
購入する時は好きなほうのトリキュラーを選べば問題ありません。
その他、トリキュラーには世代ごとに違いがあります。
今現在は第一世代から第四世代のトリキュラーまでが販売されています。
世代別のトリキュラーの違いは販売された時期とトリキュラーに配合されている
黄体ホルモンで分けられていますが、基本的には世代が新しくなればなるほど
副作用が軽減されていることから第四世代のトリキュラーを服用する人が多いです。

関連記事>>>トリキュラー21 通販

このアーカイブについて

このページには、2018年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年3月です。

次のアーカイブは2018年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。