2019年3月アーカイブ

ルミガンとケアプロストの違いは?

ルミガンもケアプロストも緑内障の点眼液です。
ルミガンが先発薬でケアプロストは後発薬(ジェネリック)になります。

ジェネリックに関しては皆さんもご存じの通り、有効成分の種類や量、用法、用量
効能、効果が全く同じ医薬品なので効果や副作用も先発薬と同様の医薬品です。

違いは、ジェネリックは先発薬のような莫大な研究開発費がかからないので
その分価格が安くなっています。またジェネリックは形状や色、味、添加物は
変えてもいいのでその違いはあります。

とは言え、ルミガンのような点眼液の場合は味や形状などは関係ないでしょう。
つまりルミガンとケアプロストの違いは価格が高いか?安いか?だけです。

ルミガンとケアプロストの両方を使った人の口コミがツイッターやインスタなどに
挙がっていますが中にはルミガンとケアプロストでまつ毛の伸びが違うと言っている人も
いますが、それは単なる気のせいかどちらか偽物を掴まされている可能性が高いです。

なので基本的にはルミガンよりも安いケアプロストを購入する人が多いです。
ただルミガンはアメリカの製薬会社アラガン、ケアプロストはインドのサン・ファーマ。

インドの製薬技術は世界的に見てもかなり高い技術を持っているのですが、
それを知らずにインド=発展途上国=本当に大丈夫?みたいな考えを持つ人は
ルミガンのほうが安心ということで高くてもルミガンを購入する人もいます。

ちなみにケアプロスト以外にもルミガンのジェネリックはいくつかあります。
ルミガンの通販価格と合わせて価格を比較したい方は下記のサイトが参考になります。

参考:ルミガンの通販とジェネリックの種類

このアーカイブについて

このページには、2019年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。